iPhoneだけで最新のiOSにアップデートする方法

使い方

最新のiOSへのアップデートは、パソコンを持っていなくてもiPhone本体だけで行うことができます。このページではその方法を画像付きで紹介しています。

iOSを更新する必要があるときは、『設定』アプリに「1」という数字の赤いバッジが表示されています。

このバッジが表示されているときは更新できる最新のiOSが存在します。

設定アプリからiOSをアップデートする

まず、『設定』アプリをタップして起動します。

そして【一般】→【ソフトウェアアップデート】をタップします。

最新のiOSをダウンロード&インストールする

次に、【ソフトウェアアップデート】画面を下にスクロールして、【ダウンロードとインストール】という青いテキストをタップします。

するとパスコードを要求されるため、iPhoneに設定している4桁 or 6桁のパスコードを入力します。

パスコードの入力がおわると利用規約が表示されます。

最後に右下の【同意する】をタップすると、【利用条件】のポップアップメッセージが表示されるため、続けて【同意する】をタップします。

あとはアップデートがおわるまで待つだけです。

iOSのアップデートは時間がかかるため注意

iOSのアップデートでは「残り約○分」と短時間でおわるようなメッセージが表示されますが、これはダウンロードにかかる時間であり、インストールまで含めると合計で30分程度かかります。

どれくらい時間がかかるのか気になる人は、最低でも30分はかかると考えてiOSのアップデートを行いましょう。

iCloudを設定している場合はApple IDのパスワード入力が必要

最新のiOSのインストール後、通常通りiPhoneの設定が始まります。

このとき、iPhoneでiCloudを利用していた場合は、Apple IDへの再ログインが必要になります。

「指紋認証(Touch ID)に任せているためApple IDを覚えていない」という人は、iOSのアップデート前にApple IDのパスワードを用意しておきましょう。

これで最新のiOSへのアップデートは完了です。

タイトルとURLをコピーしました